GENERATIONS「また、アシタ」歌詞の意味と解釈【ラブリラン|主題歌】

スポンサーリンク

2018年4月5日(木)スタートのドラマ「ラブリラン」の主題歌はGENERATIONSの「また、アシタ」という曲。GENERATIONSのバラードって良い曲ばかりで今回の新曲もお気に入りリスト確定だよ♪という訳で、今回はラブリラン主題歌GENERATIONSの「また、アシタ」歌詞の意味と解釈について書いていくよ!

GENERATIONS

2011年にLDHのダンス・ボーカルスクールのEXPG内のオーディションと、ボーカルバトルオーディション2のファイナリスト、劇団EXILEより抜擢された7人組ダンス&ボーカルグループ。

ドラお
パフォーマーの小森隼(こもりはやと)は小学生の頃にめちゃイケの岡村のダンス特訓で共演していたんだ。正直、こんなにイケメンになるなんて思ってなかったよ。ゴメンネ小森くん。

これまでにシングル15枚、アルバム4枚をリリースしていて、2018年1月にベストアルバム「BEST GENERATION」がリリースされている。GENERATIONSを知るにはこのベスト盤が超オススメ!


>>画像をタップorクリックで試聴ページへ!

『BEST GENERATION』/CD
アーティスト:GENERATIONS from EXILE TRIBE
曲目タイトル:
1.BRAVE IT OUT
2.ANIMAL
3.Love You More
4.HOT SHOT
5.NEVER LET YOU GO
6.Always with you
7.Sing it Loud
8.Evergreen
9.Hard Knock Days
10.ALL FOR YOU
11.AGEHA
12.涙
13.PIERROT
14.太陽も月も
15.BIG CITY RODEO
16.ALRIGHT! ALRIGHT!

リリース順に15曲のシングルと「ALRIGHT! ALRIGHT!」が入っているよ!

ドラマ「ラブリラン」とは

まずはドラマ「ラブリラン」のあらすじをざっくりと説明するね!

30歳[男経験なし女子]、3ヶ月間の記憶を失いました・・・

初恋の人との恋も、同棲している彼との恋も、

・・・・・全部覚えていない!!(;O;)

15年間の幼馴染・・・鷺沢への片思いをこじらせた結果、

30歳にして男性経験のない【南さやか】。

「私なんてどうせ・・・」と、

恋愛というリングにあがることを拒否し続けてきた。

そんなある日、

さやかが目を覚ますと目の前には、見知らぬ男が・・・

(どういう事?いったい誰なの??何が起きたの?)

パニックのさやかに対して、その男は町田と名乗り、

2人は付き合っていて、同棲をしているという。

どうやら3ヶ月間の記憶をなくしているらしい。

しかも、町田との間では“経験済み”・・・

つまり、記憶喪失の間に処女を奪われてしまっていたのだ。

記憶をなくした3ヶ月の間に、いったい何が起きたのか!?

失われた記憶を取り戻していく中で、

15年間想い続けている「ワイルド甘々男子」の【鷺沢】と、

突然同棲を始める「ドSツンデレ男子」の【町田】との間で

揺れ動いていくさやかの恋心。

思いっきり笑って、どうしようもなく泣けて、いちいちキュンとする!!

記憶喪失から始まる新感覚ラブコメディ!

ジャンルはラブコメディだけど主題歌「また、アシタ」はバラードだし、恋愛要素の方が強いドラマってことは間違いないね。主演の中村アンさんもこのように述べている。

中村アン

連ドラ初主演、私も南さやかと同じ30歳。私もさやかと同じように日々奮闘し、このドラマにかける想いが非常に強く覚悟を決めて臨みます。地味な見た目のさやかから華やかな見た目に変身するさやかですが、内面は同じままなのでとても難しいですが、変わっていく彼女の姿をしっかり表現できるように頑張ります!皆さんの心に響く『ラブリラン』を是非、ご覧ください!

「また、アシタ」歌詞の意味と解釈

ラブリラン主題歌に決定した際、GENERATIONSの片寄涼太さんはこのようにコメント。

「このたび、僕たちの新曲『また、アシタ』をドラマ『ラブリラン』の主題歌に起用していただくことになり、大変うれしく光栄に思います。この『また、アシタ』は短い春の訪れの儚さと暖かさを感じさせる楽曲で、過ぎていく日々の中、同じ寂しさやもどかしさを感じていたふたりが出会い、そして生まれた恋を描いています。せつなさの中に情熱や暖かさが滲んでいて、不安を希望に変えてくれる『また、アシタ』という言葉の力強さが印象的な不器用でぎこちない、けれど熱い想いを描いたラブストーリーとなっています。GENERATIOSにとって今までとはまたひと味違う、新しいタイプのバラードになっています。この楽曲でドラマを盛り上げていければと思いますので、4月からスタートする『ラブリラン』、ぜひ楽しみにしていてください。」

GENERATIONS「また、アシタ」歌詞はコチラ

それでは歌詞の意味について考えていこうと思う。

雨に打たれた君 捨てネコみたいだと
思ったよ…初めての春
黒い瞳の奥 怯えたような
哀しみが溢れそうだった
そんな風に予期もせずに 始まったこの恋の火花
燃えて 燃え上がって 愛しさが燃えて

メロの部分では初めて君と出会った日の回想から始まっている。すごく悲しいシチュエーションの出会いだったんだね。

クエこ
当時の彼氏にフラれた彼女。そんな君の事をずっと前から僕は好きだったんだ。だからそんな悲しそうな君を放ってはおけない。君に寄り添うと新しい恋が始まった。そんな情景をイメージしちゃう。

くちびるとくちびるただ触れ合うだけで
君が泣くから 抱きしめる 消えたりしないよ
「また、アシタ」そう言うたび ほほ笑みこぼす人
君のことを僕は 愛してる
君の世界に今 僕がいる

ここは君を愛する僕の今が綴られている。Kissをするだけで君が泣くのはなぜなんだろうか。この幸せな瞬間が永遠には続かないから?それとも君が悲しい過去を思い出してしまうから?

クエこ
Kissで前カレを思い出して泣くってそれはそれで酷い。それはあり得ない解釈だと思う。きっと「また、アシタ」っていう前のお別れのキスで寂しいから涙が出てくるんだよ。
ドラお
抱きしめてキスをして「また、アシタ」で別れる。プラトニックで情熱的な恋愛だよね。こんな恋愛してみたいわ♪

君の未来拒む 何かがあるのなら
受け止める 僕がすべてを
つらいことばかりが あるわけじゃない
もう君は 迷わなくていい
あの日好きになった君が 僕を好きになったのは多分
同じ やるせなさを 感じていたから

ここは僕の君に対する想いと君が僕を好きになった理由が描かれている。

「あの日好きになった君が 僕を好きになったのは多分 同じ やるせなさを 感じていたから」

似たような境遇同士、惹かれ合った二人なんだね。後半の歌詞には「要らない過去なんてさ 思い出とは呼ばないんだよ」ってあるんだけど、このフレーズがとても気に入っている。

悲しかった過去、辛かった過去。それは思い出じゃなく、記憶なんだよね。記憶は必要だけど、思い出じゃない。そう気づかされたフレーズ。

全体を通すと、二人の恋愛を綴ったラブソング。メロ部分に切なさ、悲しさで一段落としておいてからの盛り上がりで心情の起伏を作っている。両想いなのに儚さを感じる曲だった。

ドラマ「ラブリラン」と「また、アシタ」の共通点

主題歌をただ聴くとドラマとの共通点は恋愛だけじゃん!って思うかもしれない。でも設定に注目すると共通点があるんだ。

恋愛中である

ドラマ「ラブリラン」は主人公は同僚と恋愛中。自分の記憶や意思とは反しているけどね(笑)二人の恋愛はどうなっていくのかが見どころ。

悲しい過去がある

Aメロで悲しい過去の出会いが綴られていたし、「ラブリラン」の主人公「さやか」は幼馴染に恋心を抱いたまま30歳を迎えるという悲しい事実がある。そんな悲しい過去があるけど、これからの恋愛を大切にしていきたいという想いが歌詞からは感じ取れる。

さいごに・・・

今回はラブリラン主題歌GENERATIONSの「また、アシタ」歌詞の意味と解釈について書いてみたよ!少し寂しさ、儚さを感じる歌詞で今までのGENERATIONSのバラードとは一味違うテイストの楽曲となっているね♪

ちなみにドラマ「ラブリラン」の見逃し動画や見なおしなら「hulu」がオススメ!

  • 月額933円のみ!サイト内別途課金無し!!
  • 14日間のお試し期間
  • 日本テレビ系列のドラマが多い
  • 海外ドラマや映画も充実

VODや電子書籍サービスでありがちな「〇〇〇円で見放題!読み放題!」は実際には一部がそうであって最新作はポイントを使用しなくてはならない事が多いけど、huluは月額933円のみで完全見放題!

海外ドラマや映画も多いけど、特に日本テレビ系列のドラマが豊富。「ラブリラン」ももちろん見放題!

ドラお
仮に2週間のお試し期間中に解約しても料金は掛からないので安心して動画を楽しむことができるよ。これを利用しない手はないよね♪

>> huluの無料登録はコチラ!

スポンサーリンク